関口工業株式会社

沿革

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       
1941年 5月 東京都港区に合資会社「関口製作所」を創立、 電気通信機器部品のプレス加工を開始
1950年 5月 自動車プレス加工部品の生産を開始
1961年 6月 組織変更により、資本金 200万円の「関口工業株式会社」を設立
1963年 6月 主要取引先「日産ディーゼル工業」の増産に伴い、工場拡張及び移転計画を策定
1964年 1月 埼玉県与野市に工場建設用地 960㎡を取得(現在の埼玉県さいたま市中央区鈴谷)
1964年 4月 埼玉県与野市鈴谷に、 与野工場が落成し、 生産を開始(敷地:960㎡ 建物:460㎡)
1966年 6月 資本金 500万に増資
1967年 9月 与野工場の隣接地 840㎡を取得し 、 工場増設及び生産設備を拡充し資本金1,000万円に増資
1969年 5月 与野工場の隣接地 1,828㎡を取得
1969年 10月 塗装専用工場330㎡、溶接専用工場330㎡、 パイプ曲げ専用工場330㎡が完成し、
生産設備の増設を実施
1970年 7月 資本金 1,200万円に増資
1972年 9月 東京都港区より 、 埼玉県与野市に本社を移転(現在の埼玉県さいたま市中央区鈴谷)
1977年 12月 資本金 1,500万円に増資
1978年 12月 資本金 1,800万円に増資
1979年 10月 資本金 2,200万円に増資
1980年 1月 コンピューター導入により、生産管理のシステム化を推進
1986年 11月 本社建物の改装に伴い、事務所 262㎡ 、 治具金型専用工場 244㎡ 、
部品センター (第二倉庫)264㎡を増設
1988年 12月 福島県田村郡船引町に工場用地 16,227㎡を取得(現在の福島県田村市船引町)
1992年 10月 船引工場・第一期工事が完了(1,823㎡)パイプ曲げラインの生産を開始
1993年 3月 船引工場第二次・オイルストレーナーラインの生産を開始
1997年 7月 船引工場・第二期工事が完了(1,143㎡)
2000年 12月 ISO9002・1994 部分的に認証取得
2003年 8月 船引工場にベローズ成形機導入(750kg/c㎡ 仕様)
2003年 12月 ISO9002・2000 認証取得
2004年 7月 図面情報の電子化に対応する為、CAD(SolidWorks・Auto CAD)導入
2004年 10月 ベローズ成形機 ・ 成形圧力増強(1,000kg/c㎡)
2006年 9月 マシニングセンター及びCAD / CAM(Gaelan)を導入
2006年 10月 船引工場・第三期工事が完了(1,144㎡)
2007年 6月 関口拓造が代表取締役社長に就任
2008年 11月 本社工場が「彩の国指定工場」に認定
2009年 9月 ISO9001・2008 / ISO14001・2004 認証取得
2010年 7月 工場移管第一ステップ完了(ベンダー、溶接部署移管)
2011年 3月 東日本大震災で船引工場 震度6弱に見舞われる
2012年 5月がんばろう福島・企業立地補助金の指定を受ける(第一次)
上記補助金により、3億7千万の設備投資を実施
※YLM製左右ベンダーの導入(コマツ向け尿素フランジ用)
2013年 3月 太陽光発電設置(204kw 全て売電)
2013年 10月 社運を掛けたコマツ向け「尿素フランジ」立上げ
2014年 10月 ジェイ・バス(株)と取引開始
2015年 6月 ベンダー・端末加工用金型内製化完了
2015年 8月 テクノ経営による指導スタート(利益還元生産方式活動)
2017年 1月 新生産管理システム(QIS-Ⅱ)運用開始
2017年 4月 新人事制度(マイスター制度)運用開始
2017年 9月テクノ経営のコンサル終了、総合効率管理の習得
2018年 9月 船引工場・新事務棟完成

sekiguchikogyo_CP_top_PC

ニュース

VIEW MORE