□パイプ曲げ加工
(極小曲げ)
□パイプバルジ
エキスパンド加工
□ベローズ成形加工
□溶接
(MIG・TIG・ロー付け)加工
HOME > 会社概要 > 沿革

沿革

昭和16年 5月 東京都港区に合資会社「関口製作所」を創立、電気通信機器部品のプレス加工を開始する。
昭和25年 6月 自動車プレス加工部品の生産を開始する。
昭和36年 6月 組織変更により、資本金200万円の「関口工業株式会社」を設立する。
昭和38年 6月 主取引先日産ディーゼル工業株式会社の増産に伴い、工場拡張及び、移転計画を策定する。
昭和39年 1月 埼玉県与野市に工場建設用地960mを取得する。(現在の埼玉県さいたま市中央区鈴谷)
昭和39年 4月 埼玉県与野市鈴谷に、与野工場が落成し、生産を開始する。
(敷地:960m 建物:460m
昭和41年 6月 資本金500万円に増資する。
昭和42年 9月 与野工場の隣接地840mを取得、工場増設及び生産設備を拡充し、資本金を1,000万円に増資する。
昭和44年 5月 与野工場の隣接地1,828mを取得する。
昭和44年 10月 塗装専用工場330m、溶接専用工場330m、パイプ曲げ専用工場330mが完成し、 生産設備の増設を実施する。
昭和45年 7月 資本金1,200万円に増資する。
昭和47年 9月 東京都港区より、埼玉県与野市に本社を移転する。
(現在のさいたま市中央区鈴谷)
昭和52年 12月 資本金を1,500万円に増資する。
昭和53年 12月 資本金を1,800万円に増資する。
昭和54年 10月 資本金を2,200万円に増資する。
昭和55年 1月 コンピュータ導入により、生産管理のシステム化を推進する。
昭和61年 11月 本社建物の改装に伴い、事務所(262m)、治具金型専用工場(244m)、
部品センター(第二倉庫:264m)を増設する。
昭和63年 12月 福島県田村郡船引町に、工場用地16,227mを取得する。(現在の福島県田村市)
平成 4年 10月 量産工場としての船引工場(1,823m)が完成する。
船引工場第一次・パイプ曲げラインの生産を開始する。
平成 5年 3月 船引工場第二次・オイルストレーナーラインの生産を開始する。
平成 5年 10月 船引工場第三次・バックミラーラインの生産を開始する。
平成 6年 7月 船引工場エアータンクライン及び溶接Assy工程の生産を開始する
平成 9年 6月 与野工場・極小曲げアールに対応する為に、1D・85型NCベンダーを導入する。
平成 9年 7月 船引工場・第二期工事が完了する。(1,143m
平成 9年 10月 船引工場・アルミエアータンクラインの生産を開始する。
平成 9年 12月 船引工場・ステンレスバックミラーアームラインの生産を開始する。
平成10年 3月 船引工場・ハンドワークロー付けラインの生産を開始する。
平成10年 6月 船引工場・トラックのステップラインの生産を開始する。
平成10年 7月 船引工場・日産ディーゼル工業株式会社向け小型エンジン(ZD)の新規立上りに伴い、 フレキシブルチューブ付き薄肉ステンレス曲げ溶接加工及び、1D曲げ溶接加工の新設ラインを導入する。
平成11年 10月 船引工場・オイルレベルゲージガイドの生産を開始する。
平成12年 12月 ISO9002・1994 認証取得
平成14年 10月 生産管理システムの再構築完了
平成15年 8月 ベローズ成形機導入 (750kg/cm2 仕様)
平成15年 12月 ISO9001・2000 認証取得
平成16年 7月 図面情報の電子化に対応する為、SolidWorks・Auto CADを導入。
平成16年 10月 ベローズ成形機・成形圧力増強 (1000kg/cm2 仕様)
平成18年 9月 マシニングセンター及びCAD/CAM(Goelan)を導入。
平成18年 10月 船引工場・第三期工事を完了する(1,143u)。
平成20年 11月 「彩の国指定工場」認定される。
平成21年 9月 ISO9001・2008 / ISO14001・2004 認証取得